【意志ある所に、道は開く!】小学生、中学生、高校生

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

Q 1対1の個人指導コースは常に1対1ですか。

Ans
原則の定員は1対1としております。ただし、他の教師が休みのときや対策授業の追加が短期的に発生しているときなど臨時の対処として1対2までになることをご了承ください。これは各生徒のコンスタントな学習進度を優先して考えるためです。突然先生の都合がつかないときでも安心して通常の指導を受けられる状況を確保してあるということなのです。
内容的には机の左右両端に生徒が位置し演習の間にもう一人の生徒さんの解説をいれますのでいつもの指導とかわりません。なお、個人指導コースではどのような事情でも1対3にはいたしません。

 

Q 1対2の個別学習コースは常に1対2ですか。

Ans
原則は1対2としておりますがゆとりとして1対3まででお約束とさせていただいております。このコースでも、生徒の横に先生がすわって指導することができます。個別とはいいながら、教師が立ち歩く状態で生徒の中を巡回する形態とは比べものにならない丁寧な体制です。また指導内容は各々の学習計画をべつべつに維持しつつ、ひとりひとりに家庭教師のように親切に教えることが出来ます。高校受験ではこのコースで十分な実績をあげられます。費用を抑えるための1対2ということですので、余裕がございましたら週の回数をできるだけ多くご履修ください。

 

Q 同じ先生がずっと担当してくれるのですか。

Ans
原則、気に入った教師で受講してもらうようにしております。そして、できる限り馴れた先生で担当致します。1対1コースでは教師の指名もなるべくお受けします。ただ、教師の事情も発生しますので、その点あらかじめご了承ください。1対2コースでは原則として指名はできません。ただ、できる限り馴れた先生が毎回担当させていただこうと工夫しておりますし、塾長が相性をおうかがいいたします。もし、合わない先生の時は可能な限り他の先生を担当させております。なお、塾長野口はかわりませんので、たとえ先生が変わりましても責任体制についてはご安心下さい。

 

Q 授業計画はどのように決められますか。

Ans
個別指導の利点を最大限生かしまして、各生徒がもっとも必要としている事柄から学習してゆけます。基本的な指導指針は塾長が永年受験指導の中で培って参りました必勝パターンをアレンジして個別ベースに変化させております。例えば中学生の優秀な生徒諸君にはシリウスを長期計画で取組ませますし、基本にたちかえって学習したい生徒諸君には英語のびじゃんを教材にして無理なく基礎から学習させております。大学受験でもスクランブル英語構文演習や英頻またチャート式など最新鋭のウェアポンを揃えて指導のベースをつくっております。

 

Q 授業(科目・回数)の変更はいつでもできるのですか。

Ans
科目や回数の追加・変更はいつでも可能です。講師の調整にたいてい最低1か月以上の余裕が必要です。ただし「中間テスト」・「期末テスト」の対策が始まっている期間などは、いつもの授業を「定期試験対策」として違う科目で受講することができます。その場合は、担当教師の受け持ち外の科目となることがありますのでご了承ください。「定期試験」が終了次第、通常に戻ります。

 

Q 教師の変更はいつでもできるのですか。

Ans
教師の変更に際しても、お気軽に塾長にご相談ください。ただし講師の調整にたいてい最低一か月以上の余裕が必要です。むやみに教師を変更するのは授業効果を損なう恐れがありますのでなるべく避けた方がいいと思います。そのため相性を塾長があらかじめ考慮しています。なお1対2での教師指名はできません。(今の教師を他の教師にという申し出は受け付けております。)

 

Q 一度決まった授業日の変更はできますか。

Ans
変更は可能です。但し、気にいった今の先生と離れないようにするには、むやみに授業日の変更はしない方が賢明といえます。ただし、必要の時は、遠慮なくお申し出ください。手続きに時間をいただきますが、その間は従来どおりで授業は休まず継続させていただきます。

 

Q 宿題は毎回出されるのでしょうか。

Ans
宿題を出すということが、塾の使命だと考えております。内容については家庭学習に十分馴染むものとし、生徒が納得できるものにします。また、分量も家庭学習を十分できる量とします。もちろんわからなかったり、忙しくて出来なかった時はそのまま、事情
を話して下さい。参考にし、内容も十分吟味します。

 

Q テスト前とかテスト期間中は追加の授業がうけられますか。

Ans
テスト前に回数を追加してふだん授業を受けていない科目を指導してもらうとか、さらに回数を増やし、授業を受けている科目の成績向上に努力するのは賢明と言えます。費用は、受講しやすいようにその分だけの追加費用を計算いたします。

 

Q 遅刻した場合はその分延長して頂けるのですか。

Ans
残念ですが、遅刻に関してはいかなる理由があっても遅刻した分の延長はできません。授業前に来て、自習するとか各自で遅刻をしないよう予防策を講じておくことが必要です。

 

Q 欠席した場合はどうなりますか。

Ans
欠席する場合は必ず事前に事務局へ電話でご連絡ください。振替授業について、個別コースと個人コースで違いがありますので、くれぐれもご注意ください。1対2は振替がありませんので授業消化となります。その分は自習に来ましょう。

 

Q 進路相談をしたいのですが、応じられますか。

Ans
はい、NPO埼玉教育ネットの理事長である塾長がひとり一人に応じています。集団塾の担当者より、はるかに正確で、密度の濃い情報をもとに指導しております。10月以降の受験情報は雑誌/新聞/説明会といった公のメディアでは不十分。ぜひ塾長の情報に
ご期待ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 048-736-4976 受付時間 13:00 - 20:00
[ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 個別指導学友 All Rights Reserved.